マカの説明2

マカ/成長ホルモン


ヒト成長ホルモンは、長い鎖状のアミノ酸分子で、脳の中央部に位置する脳下垂体前葉で作られる。
ヒト成長ホルモンは様々な組織に作用し、全ての細胞や新陳代謝をコントロールしています。
成長ホルモンの生成に関与しているのが「アルギニン」と呼ばれる必須アミノ酸です。
アルギニンは成長ホルモンの生成に不可欠な必須アミノ酸。
アミノ酸に含まれるアルギニンは、発育期にあたる子供には成長に必要な準必須アミノ酸と言われ、
成人では健康体を維持するための非必須アミノ酸といわれる物質で、成人は体内で作られています。
しかし、充分な量は生成されませんので、健康体を保つには食物から摂取する必要があります。





マカ